ターゲットに合わせて!いろんな種類ののぼりでお店をここまでコーディネート

店先の歩行者の多さに合わせた宣伝方法

客足を増やすために店内のメニューを宣伝したくても、良い宣伝方法が思い浮かばなくて困っている時に、のぼりが役に立ってくれます。
のぼりの宣伝効果を高めるために、店先の道を歩行者がどれだけ歩いているのか計測してから、のぼりのデザインを決めてみてください。
店先を歩いている歩行者の人数が少なくて、自動車の交通量がとても多い状態であれば、のぼりのサイズを大きくしてみる事をおすすめします。
大型で両面プリントを施した生地を店先に掲げておく事で、車内にいるドライバーに対する宣伝効果を高めやすくなります。
逆に店先の自動車の交通量が少なくて歩行者が多い状態であれば、歩行者の視界に入りやすいように、小型の生地を何枚も並べてください。
のぼりの宣伝効果を最大限に活用している店舗では、メニューの数だけ生地を用意して、全ての商品をアピールしている場合もあります。

子供向けの商品のアピールに役立ちます

幼稚園児や小学校低学年などの子供を相手に、商品をアピールしたいと考えている時には、のぼりの生地デザインだけでなくスタンドの大きさも変更してください。
小型のスタンドであれば、子供たちの視線に合う高さに生地を掲げる事ができて、子供向けの商品をアピールしやすくなります。
子供たちは光り輝くものに注目する事が多いので、光を反射しやすい生地を選ぶ事でも、宣伝効果を大きく高める事が可能です。
のぼりは生地の形状自体を変更する事もできて、変わった形をしている生地を掲げる事でも子供たちは興味を示してくれます。
宣伝したいお客さんの年齢層に合わせて、のぼりの出事案を少し変えてみるだけでも、驚くほどに売り上げがアップしたという例も多いです。